失敗談から学ぶ【海デート】成功の秘訣!

スポンサーリンク




青い海、白い砂浜、そして大好きな彼!

『海デート』はワクワクすること盛りだくさん。友達同士で行くのとは違ったドキドキが楽しめます。

でも、普段のデートとは違う『海デート』だからこそ不安なこともありますよね。

準備は何が必要?
服装やコーデはどうしたらいいの?
持ち物は何を持っていく?
貴重品はどうしよう?

今回は『海デート』での失敗談をご紹介します。参考にして海デートを成功へと導きましょう!

◎日焼け対策コーデのやりすぎはNG

上下ともラッシュガードを着てたら、彼氏がガッカリしてた。
ビキニ姿の女の子たちを見て「お前も見習え」みたいなことを言われてケンカになった。
だって絶対に日焼けしたくなかったんだもん!
(29歳/女性/事務系専門職)

女性ならできるだけ日焼けを避けたいと思うのは当然です。
ラッシュガードは日焼けも防げますし、体型カバーもバッチリ。

可愛いラッシュガードが流行することによって、海デートへのハードルはかなり下がりました。

でもここは海。
彼氏も開放的になっていますし、水着ではしゃぐ可愛いあなたを見たいのです。

海の中に入るときや、日陰では脱いだ方がいいかもしれません。

どうしても脱ぎたくない場合でもパーカーなどの上着だけにして、前のチャックを開けておけばセクシーかつ可愛いらしく見えます。

◎ムダ毛処理にご用心

ムダ毛対策は気合いを入れて念入りにやったつもりでしたが、ビーチで座っているときに彼の視線が私の足に釘付け。
見たら指毛が生えていました。
「女の人も足の指毛ってあるんだ」と半笑いで言われました。
他は完璧だったのに…。
(36歳/その他/女性)

水着を着る海デートで何よりも気になるのが、ムダ毛の処理ですよね。
剃り残しがないよう、脇の下やビキニラインは特に注意してお手入れされて行くと思いますが、思わぬところにムダ毛がある場合も。

忘れずに処理しましょう。
そしてこんな失敗談もありました。

Vラインのお手入れはしていったけど、股上が浅いビキニだったので上からチョロリしてしまいました
(27歳/女性/営業職)

足の付け根側の方を剃り忘れることはないと思いますが、お腹側は盲点です。
股上が浅いと水着がズレたときに出てしまうことがあるので注意しましょう。

◎持ち物に替えの靴を入れよう

彼氏の車で海へ。
帰りにちゃんとシャワーをしたけど、車まで歩く間にも足や靴に砂がつくじゃないですか。
車が砂だらけになってしまって彼がキレてた
(31歳/女性/事務職)

海ではビーチサンダルやサンダルを履きます。
そうすると靴や足に砂がつくのは当たり前。

シャワーで落として拭いても、車に乗るまでの間にまた砂がついてしまいます。
あまり気にしない彼ならいいのですが、ちょっと神経質だったり、車をとても大切にしている彼ならば少し気を使ってあげるだけであなたへの好感度は急上昇。

ぜひ持ち物に替えの靴と水入りのペットボトルをプラスしましょう。

車に着いたら靴を履き替えて、脱いだ靴はビニール袋にしまいます。そのときに足に残っている砂はペットボトルの水で洗い流しましょう。
もちろん彼の足も綺麗にしてあげるとサッパリした気分で運転できます。

運転中に足が砂でジャリジャリしていたら不快ですから。

ペットボトルの水は足を洗う用なので、海でジュースを飲んだ後に洗って水道水を汲んでもOKです。

◎貴重品はしっかり管理しよう

スマホをなくしてしまった。海に入るときはシートに置いていってたから、もしかしたら盗まれたのかも。
彼も一生懸命探してくれたけど見つからなくて。楽しい気分が台無しになっちゃった…。
(27歳/女性/その他)

海で遊ぶときに問題になるのは貴重品の管理です。

ロッカーに預けるのが安心ですが、お金やスマホは必要なときにすぐ使えるように手元に持っておきたいですよね。

お金は落としたり、盗まれたりしてもおしくない金額の硬貨だけをビニールのお財布やポーチに入れておきましょう。
男性用の水着はファスナーやマジックテープつきのポケットがある場合が多いので、彼に持っていてもらうとさらに安心です。

スマホはネックストラップつきの防水ポーチに入れるのがおすすめ。
ポーチに入れたまま操作できるものを選べば、泳ぐときにも持っていけます。

浮き輪で浮かびながら彼との写真を撮れたら盛り上がるし、きっと最高の思い出になるはず。
濡れた手はもちろん、砂がついた手で触ってもスマホが汚れないのは嬉しいポイントですね。

プチプラで買えちゃいます。

荷物が多い場合や、彼の荷物も一緒に入れるなら防水ウエストバッグがおすすめです。こちらもプチプラ!

◎水着のトラブル

パッドが水面にプカプカ…
(37歳/女性/技術職)

パッドがズレていることを彼氏に指摘されてしまった
(20歳/女性/事務職)

これは水着あるあるですね。
スタイルを良くみせてくれる必須アイテムですが、一歩間違えると残念アイテムになってしまいます。

サイズがピッタリ合っていても、浮き輪やフロートに乗ったときにずれてしまったり、強い波のせいで取れてしまう可能性があります。
常に気になって直してばかりだと、せっかくの海デートを満喫できません。

少し手間がかかりますが、水着にパッドを縫いつけることをおすすめします。
ガッチリ全部縫い付けなくても、数ヶ所縫い止めるだけでも安心感が全然違いますよ。

水着に関してはこんな失敗談もありました。

ネットで安くて可愛い水着を購入。家で試着をしてサイズもピッタリだったんだけど、海に入ったら透けちゃった
(29歳/女性/事務職)

試着したときに少し大きいかなと思ったんだけど、気に入ったので買いました。
でも水着って濡れたら伸びるんですよね。緩くてずれちゃうんじゃないかと気が気じゃなかったです
(31歳/女性/その他)

水着を選ぶときにちゃんと試着をする人は多いですね。

しかし水に濡れた状態で確認する人は少ないかもしれません。

水着はもちろん濡れることが前提です。
海デート当日に失敗しないように、新しい水着は濡れた状態でも試着してみた方が良いかもしれません。

◎まとめ 『海デート』は、海ならではの注意点に気をつけて楽しみましょう

開放的な空間で彼と過ごすことができる『海デート』は、きっと最高の思い出になるはず。

海デートを成功させて彼との距離を縮めましょう!

こちらも合わせてご覧になって見て下さいね。

春夏秋冬楽しめる!【泳がない海デート】スポット《関東》

スポンサードリンク