【彼と上手に別れる方法】恋愛心理学を逆利用!彼を振る変わった方法

スポンサーリンク




付き合っている彼と別れたい!

でも、上手く別れられるかな。

別れ話がこじれて彼がストーカーになったらどうしよう。
早く次の出会いが欲しいのに面倒くさいことになったら嫌だな。

別れ話には勇気がいりますよね。
少しだけ時間はかかりますが、穏便に別れる方法があります。

 

それは、彼に嫌われること!

彼が別れたくなるように仕向けましょう。

とは言っても、わざと彼を傷つけるようなことを言ったり、自然消滅を狙ったり、無理やり浮気をするなど、リスクの高いことはやめましょう。
男性は理由がわからないモヤモヤした別れ方や、他の男に取られたなど負けたと思う別れ方が嫌いなのです。

彼を傷つけることは、恨みを買ったり、あなたにも罪悪感が残ることになり、お互いに悲しい結果になってしまいます。
自然消滅は彼をストーカー化させる可能性があります。無理やり浮気することは彼だけではなく、あなたの心と身体を傷つけます。

では、どうしたら良いのか。

みなさんは恋愛心理学という言葉を聞いたことがありますか?
科学的な手法によって、恋愛を上手くいかせるためのテクニックです。

「恋愛心理学で彼を落とす方法」など、恋愛心理学を利用した恋のアドバイス的なものを、ネットや雑誌で読んだことがある方もたくさんいるはずです。

その恋愛心理学を逆手にとって、巧く利用してしまいましょう!
彼にジワジワと穏便に嫌われて、上手にスッキリと別れることができるテクニックのご紹介!

『類似性の法則』 めざせ厚顔無恥

人間は基本的に自分の考えが正しいと思いたい生き物。
だから、自分と同じ価値観を持った人を好きになりやすいのです。

類は友を呼ぶといいますよね。

ということは、彼の価値観と合わない行動をすれば、彼はあなたに幻滅します。

例えば堅実な性格の彼なら、奢ってもらう約束で入ったレストランで遠慮なく1番高いメニューを頼んだり、ブランドバッグを衝動的に買ってしまいお金が無いアピールをしてみたり、金遣いの荒い面を見せつけます。

ミーハーなことが嫌いな彼には、アイドルを好きになったフリをして一緒にDVDを観ようと強要したり、カラオケでそのアイドルの曲ばかり歌ったり、部屋にポスターを貼るのもいいですね。

そして常識的な彼には、真夜中に電話をかけまくったり、デートした場所から彼の家の方が近いのに自分の家まで送って欲しいとワガママを言ってみたり。

ただし、彼が根に持つような強烈なことはしないでください。
ウンザリして「こいつないわー」と思われるくらいのことに留めておきましょう。

『ハロー効果』 清潔感を吹き飛ばせ

ハロー効果とは、目を引くような良い特徴を持つ人は、その人の全てが良く見えてしまうという効果のことです。
イケメンや可愛い人は性格も良くて頭も良く見えたり、医者や弁護士というだけで全てが好印象になったりしますよね。

ということは、悪い特徴があれば他の全ても悪くみえるということです。
無職になるのはさすがにリスキーなので、ここは外見で攻めましょう。

彼と会うとき限定でいいです。
恥ずかしければお家デートのときだけでもオッケーです。

身だしなみに一切気を使わないで会いましょう。

すっぴん、髪の毛ボサボサ、ムダ毛ボーボー、ものすっごくセンスの悪い服装、などなど。
鼻をほじりながらオナラでもできれば完璧ですが、そこまで自分を捨てなくてもいいです。

外見を悪くみせることで、彼にはあなたの内面まで悪く見えてきてしまうでしょう。

『ヤマアラシのジレンマ 』 ウザさ丸出し

ヤマアラシは全身が鋭いトゲで覆われています。

寒い中、2匹で温め合おうとピッタリくっついたら、相手の身体のトゲが刺さってしまいお互いに痛い、かといって離れてしまうと寒さに耐えねばなりません。近づいたり離れたりを繰り返しているうちに、お互いがトゲで痛い思いをすることなく温め合える、快適な距離を発見できるというものです。

つまり、距離が近すぎると思わぬことで傷つけ合ったりしてしまうので、適度な距離を保った方が2人の仲は上手くいくのです。

では、思いっきり近づきすぎましょう。
彼と別れたいと思っているのに物理的な距離を近づけるのは嫌だと思いますので、心理的な距離を近づけてみましょう。

ラインや電話をしまくります。

くだらない内容でいいです。彼と連絡をすること以外にやることがないような、そんな依存した姿を見せるのです。

彼に対して「あなたはこういう人だから◯◯の方がいいよね」など、私はあなたのことを何でもわかっていますよと演出するのもいいですね。

最高にうざいです。

『ロミオとジュリエット効果』ネガティブオーラを出しまくる

2人の間に障害があるほど、恋が燃え上がるという効果です。
高嶺の花を好きになるということがまさにこれです。

高嶺の花ではなくなりましょう。
自分の価値を下げるのです。

人の悪口や愚痴ばかり言う人間は品がありません。

電話やデート、ラインでも他人の悪口や愚痴ばかり言いましょう。
実際に交流がある人の悪口は思わぬトラブルを呼ぶ可能性があるので、芸能人の悪口などがいいかもしれません。

ギャハハハと下品に笑ったり、クチャクチャと口を開けてご飯を食べたりして幻滅させるのもおすすめです。

『カタルシス効果』 右から左へ受け流す

苦しみや怒りといった感情を吐き出すと心が癒えて安らぎを得られるという効果です。

負の感情をしっかりと受け止めて癒してくれる存在を人は大切に思います。

彼が悩みや許せなかったことなどを相談してきたら、軽く流して一切聞かないようにしましょう。

癒しは禁物です。

『ウインザー効果』まわりくどいけど効果的

『ウインザー効果』とは、本人が言うよりも他人から伝えられたことの方が信頼性が増すという効果です。

共通の友人にお願いをして彼に自分の悪口をいってもらいましょう。

下手にかばってもらえたりすると気まずいので「◯◯(あなた)がお前のこと悪く言ってたよ」くらいの方がよいでしょう。

『ツァイガルニク効果 』 飽きさせよう

人はミステリアスな部分を持つ人に惹かれます。

新鮮で謎めいた部分が魅力的に見えるのです。

マンネリにして、私のことをあなたはもう全てわかってしまっているから、新しいことなんか何にもないよーと演出するのです。

いつも同じような内容の会話をして、何食べたい?と聞かれたらいつもパスタと答え、デートはいつも同じような服装をして、なるべく同じ場所、または似たような場所に出かけましょう。

これから先、一緒にいても新鮮味のない退屈な相手なのだと思い知らせるのです。

『認知不協和理論』 ひとりでできるもん

誰かに助けてもらうことによって、助けられた方が相手に恋をするということはよくありがちですよね。

でも、実は助けた側の人間が好意を持つことも多いのです。
人は自分の感情と行動が矛盾してしまうことが苦手なので、相手のことを好きだからこそ助けたのだと脳が勝手に決めつけるのです。

これが認知不協和理論です。

一切、助けてもらわないようにしましょう。

「悩みがあったけど、全部一人で解決できた」「電気製品の配線がわからなかったけど、調べたら自分でできた」など、あなたの助けを借りなくても私は自分の力で何でもできる女なのだとアピールするのです。

漫画やドラマでもよくありますよね。

「きみは1人でも大丈夫だけど、あの子には俺が必要なんだ。別れよう」

これを言われたらしめたもの!

◎まとめ 上手に別れられる人は嫌われ上手

いろいろな恋愛心理学の手法を紹介しましたがいかがでしたか?

平和に別れるためには嫌われることが大切です。

彼から別れようと言ってもらえることが理想的ですが、もしも、なかなか彼が言ってくれない場合でも、ある程度嫌われておけば、あなたから別れを切り出しても彼のダメージは少ないでしょう。

今は別れたい気持ちばかりが優先されてしまっていますが、一時は自分が恋した彼。

彼の未来のためにも自分が悪者になる勇気を持ちましょう。

穏便に別れられた後は、あなたの次の出会いへ向けての切り替えもスムーズにいくはずです。

スポンサードリンク