笑顔が可愛いイケメン俳優『坂口健太郎』をモデルにして『大雑把な男性』の特徴と付き合い方を解説

スポンサーリンク




あなたは大雑把な男性にどんなイメージを持ちますか?
あまり良くない印象を持っている方が多いかもしれません。

しかし、大雑把な男性は意外とモテます!

大雑把な男性ははっきりとした自分の世界を持っています。
そういう自分の思い通りにならない男性に、女性は心惹かれてしまうのです。

簡単に手に入らないものほど魅力的に見えるものですから。

そして大雑把な男性は細かいことを気にしないので、あまり怒らない温和な性格の人が多いです。
懐が深いので引き寄せられる女性がたくさんいます。

しかし何を考えているのかよくわからなくて、掴みどころがないのが大雑把な男性。

好きになってしまったら、接し方がわからなくて不安になってしまいますよね。

ところで大雑把な男性というと、どんな人を思い浮かべますか?

塩顔男子の代表格、イケメン俳優の『坂口健太郎』さん。
実は坂口さんは自他共に認める『大雑把でルーズな性格』なんです!

『坂口健太郎』さんの最大の魅力と言えば、シャープな顔立ちからは想像ができないほどの、人懐っこい笑顔。
顔をくしゃくしゃにして笑う最高の笑顔は見る人の心を奪います。

細かいことを気にしない大雑把な性格の人はあまり他人に興味がありません。本性や裏の顔を探ろうとしないのでピュアな人が多いのです。
『坂口健太郎』さんの破壊的な魅力を持つ笑顔は、ピュアな心だからこそ作れるものなのかもしれません。

今回はそんな『坂口健太郎』さんをモデルにして、大雑把な男性の特徴と付き合い方を解説していきます。

◎『坂口健太郎』プロフィール

坂口健太郎生年月日 1991年7月11日(27歳)
身長 183㎝
血液型 O型
出生地 東京
学歴 明星高校卒業

大学については公表されていません。
明星大学か東洋大学に進学して、1年ほどで中退したという噂があります。

2010年、19歳のときに第25回「MEN’S NON-NO モデルオーディション」に合格し、モデルとしてデビューしました。

2014年には、映画「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」で俳優デビュー。
2015年にTBS金曜ドラマ「コウノドリ」で連続ドラマに初出演しています。

2018年の「シグナル 長期未解決事件捜査班」で連続ドラマ初主演。
2019年には主演ドラマ2作目となる「イノセンス 冤罪弁護士」で、冤罪に苦しむ人々を救う異色の弁護士を好演しています。

第40回日本アカデミー賞新人俳優賞、第41回エランドール賞新人賞受賞という、輝かしい経歴をお持ちの演技派俳優です。

イケメンでモデル出身というだけあって抜群のスタイルを誇る坂口健太郎さん。
彼女がいるのか気になるところですが、2016年に熱愛報道された女優の『高畑充希』さんと現在も交際されている可能性が高いようです。

特技はバレーボールで、中学高校とバレーボール部に所属していました。
他校から試合を見に来る女生徒もいたそうです。

昔から人目を引くイケメンだったようですね。

好きな言葉は「なんかいい」
感覚で生きている大雑把な性格の方らしい言葉です。

それでは『坂口健太郎』さんの性格をもとに、大雑把な男性の特徴と付き合い方を考えていきましょう。

◎大雑把な性格は治らない!?

良いところがたくさんある大雑把な男性ですが、もちろんマイナスな面もあります。
大雑把な男性はルーズなので約束を守らないことが多いです。

そんなの気をつけてれば治せるんじゃないの?と思われるかもしれません。

しかし「やらなければいけないけど面倒くさいからやらない」ではなく、「やらなければいけないことを忘れてしまう」のが大雑把な男性の特徴。
前者はただの面倒くさがり屋です。

『坂口健太郎』さんも番組に提出するアンケートなどの締め切りが守れません。
マネージャーさんがわざと締切日を2、3日早く伝えて、間に合うように調整しているそうです。

坂口さんはたとえ大雨でも傘を持ってくることが無いそうです。

これは「濡れるけど面倒くさいから傘はいらない」ではなくて、「濡れても別に気にしない。そのうち乾くし」と考えるからです。

つまり「わかっているけどやらない」のではなく、「忘れている。気にしない」のが大雑把な男性の特徴。

このことから大雑把な性格は、本人に自覚がない上に困っているわけでもないので治りません。

相手の性格を無理に治そうとすると無駄な労力を要しますし、相手にも煙たがられます。
自分が上手くあしらって順応していく方が近道です。

◎相談事は苦手?

男女の距離を縮めるために有効なのは相談をすること。
相談することによって相手を頼りにしているとアピールできますし、お互いの考えを深く話すことは連帯感をうみます。

しかし、大雑把な男性に対してはそう簡単にはいきません。

大雑把な男性は「自分は自分、人は人」という考え方を持っています。
だからこそ他人の目を気にしないでいられるのです。

『坂口健太郎』さんはインタビューで「誰かに相談できるタイプですか?」と聞かれたときに「相談はしない」と即答しています。

相談されることに関しても「相談されても決めるのはあなた、だからアドバイスもできない。聞くだけしかしない」そうです。

では大雑把な男性に相談事をしてはいけないのか?
答えは「NO」です。

一般の男性に相談すると「それは違う。だから君は~」と要らぬ説教をされる可能性があります。

アドバイスはしてくれないかも知れませんが、温和な人が多い大雑把な男性は聞き上手。
「うんうん」と柔らかい態度で聞いてくれる大雑把な男性に相談すると、あなたは癒されることでしょう。

一通り聞いてもらったら「聞いてくれてありがとう。おかげで自分の中で答えが出たよ」と伝えましょう。

自分から相談をしないタイプの男性は「結局答えを出すのは自分自身」という考え方の人が多いです。
「何かアドバイスしてよ」ということを言わないあなたに好感を持つことでしょう。

また、相談されて相手の役に立てたと感じることは誰でも嬉しいことですから。

◎返信が無くても焦りは禁物

基本的に男性はメールやLINEの返信が遅かったり、既読スルーする人が多いです。
返信がなくてヤキモキした経験がみなさんあると思います。

ルーズで大雑把な男性はさらに返信が遅く、既読スルーどころか未読スルーする人もいます。

『坂口健太郎』さんもLINEが届いても読みもしないことがあるそうで、未読のまま50件ほど溜まってしまうことも。
珍しくすぐに返信をすると相手から「今日はラッキーな日だ」とからかわれるそうです。

自分からLINEすることもあまりなく、たとえ相手から返信がなくてもイライラすることも無いという坂口さん。
そして、これは友人だろうが女性だろうが同じだそうです。

つまり大雑把な男性は相手によって返信するかしないかを決めているわけではなくて、タイミングが合った場合のみ早く返信するということです。

「なんで返信してくれないの!?」と責めることは避けた方が良いでしょう。
返信をしなければ怒られる相手だと認識されると、自由でありたい大雑把な男性からは避けられてしまう可能性があります。

返信がなくても嫌われているわけではありません。
たまたまタイミングが合わなかっただけ。

イライラしたり不安になったりする必要はありません。

◎そっと支えてくれる母性的な女性がタイプ

『坂口健太郎』さんの好きなタイプは「自由に自分ができる人。僕が気を抜いてていい人」「女子バドミントン部の女性マネージャー」みたいな人だそうです。あまり出たがりではないけれど包容力があり、自由にさせてくれつつも陰で支えてくれる、そんな女性がタイプなのでしょう。

そして『坂口健太郎』さんは「僕はマザコンだと思う」と宣言しています。
実は俳優を志したきっかけも母親からなんだとか。

子供の頃に読書好きの母親から「この本の○○が健ちゃんに似てるよ」と頻繁に言われていたそうです。
だから坂口さんが本を読むときには登場人物に自然と自分を投影するようになり、他の人物を演じるということを身近に感じるようになりました。

坂口さんのお母様は劇団に入っていたことがあるそうです。
もしかしたら息子である坂口さんに、俳優になって自分の夢を継いで欲しいと考えていたのかもしれません。

しかし、もしも「俳優になりなさい」とストレートに伝えていたら、大雑把な性格の坂口さんは押し付けられているような気がして俳優を志すことは無かったかもしれません。

登場人物が坂口さんに似ていると伝えて演技に自然と親しめるような環境を作り、控えめに接してきたからこそ、現在の『俳優・坂口健太郎』がいるのかもしれません。

◎まとめ 大雑把な性格の男性は陰ながら支えて、自分がタイミングを合わせましょう。

最後に『坂口健太郎』さんの恋愛観をご紹介します。
あるインタビューで「好きな人ができたらどうする?」と聞かれたときに「タイミングが合ったらという感じですね」と答えています。

好きな人ができても自分から積極的に告白したりせずに、タイミングが合えば付き合うということなのですね。

大雑把な性格の男性は自由な人。

理性で決めるのではなく本能に従います。
駆け引きなどに無駄な時間を割くよりも、こちらも自然体で接してタイミングを待つことが大雑把な男性との上手な付き合い方です。

スポンサードリンク