【女性必見!!】本物の愛を育てる方法

スポンサーリンク




せっかく最高のパートナーと付き合いだと思ったのに、何ヶ月も経ったら相手の嫌なところばかりが目について不満ばかり…。

不満な面に目がいってしまって文句ばかり言っていたら関係が悪化してしまった、なんてこともよくあります。

不満の多い状況を改善するにはどうしたら良いのでしょう?

女性にとって必要な『本当の愛』の作り方…伝授します!

恋愛は付き合ってからが本当の勝負!

相手をよく観察して良いところや好きなところ、褒めてあげたいポイント自分で積極的に探す事はできてますか?
付き合う前は相手の良い面ばかりが見えて、悪いところにはなかなか目がいきません。

ですが付き合ってからも基本的には付き合う前と同じで、相手の良いところを自分で探し続けることが大切です。

外見で好きなところ、内面の『明るさ』『まじめさ』『趣味が合うところ』など何でもいいので探してみでください。

もしこれでいいと思える部分が1つもないのであれば、それは別れた方がいいかもしれませんが…。
長く付き合っていく中で、もちろんいろいろなことがあると思います。

でも相手の良いところを探さずに、不満ばかり言っていたら関係がうまくいくなんて事は絶対にありません。

無理に探すのではなく、日常的な些細なところでも大丈夫ですから「いいな」と思えるところを探していきましょう、

小さな褒めポイントを見つける

一日たった一度でもいいので、相手の良いところや褒めるところ探して相手に伝えてみてください。

面と向かって言いにくい場合もあるかと思いますが、そんな時は心の中で言うだけでも大丈夫です。
長く付き合っていると喧嘩をしたり、ギクシャクしてしまう気もありますよね。

そんな時は

「ここが不満だけど、でもこんなところやあんなところはいいな」

と思い出すようにしてみてください。

それだけでも自動的に関係は良い状態になっていきます。

本当に小さなところでも構いません。
小さくても相手を褒めるポイントを自分で積極的に探す。

そして相手に感謝をする…
これがパートナーとの愛を本物の愛に育てていく大切な秘訣です。

ありがとうの気持ちを忘れない

付き合いたての頃は何かしてもらったら嬉しくなりますし「ありがとう」と自然に入れていたのではないでしょうか?

でも時が経つとだんだんそれに慣れていき、何かしてもらえるのが当たり前だと思ってしまいがちです。
そうなると「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えることもおろそかになってしまいます。

関係をいつまでも輝かせる魔法のキーワードは「ありがとう」です。

最近ありがとうって言ってないなと思った人は、ちょっと大袈裟なくらい感謝の気持ちを表現してみてはどうでしょうか?

要求ばかりしない

「誕生日プレゼントにはあれを買って!」
「せっかくの休みなんだからどこかに連れて行ってよ!」

最初はただ一緒にいられるだけでも嬉しかったはずなのに、だんだんと要求や期待が出てきてしまうことも多いと思います。

その気持ちはわかりますが、こういった要求や期待がパートナーとの関係を悪くさせてしまう原因の1つにもなります。

過度な要求は相手の自由を奪い、居心地の悪さを感じさせてしまいます。

相手が何をやってくれるかでどれだけ愛情があるがはかろうとする人がいますが、そんなもので愛情を測ることができません。

そもそもパートナーはあなたのために何かをしてくれる存在では無いのです。

あなたは彼から何か見返りをもらえるために相手を好きになったのではありませんよね?
好きだから好き。

その初心をいつまでたっても忘れないでくださいね。

恋愛とは見返りありきではありません。
あくまであなたが与えたら自然と返ってくるものです。

まとめ 自分の気持ち一つで本当の愛を作れます

本物の愛を育てるために必要なことは、実際は難しい事では無いのです。

相手の悪い部分ではなく良い部分を積極的に見て、感謝の気持ちを忘れない。

そして要求や見返りを求めるのではなく「自分がしたいからする」という気持ちを持つことが大切です。

その基本姿勢がしっかりしていれば、お互い自然と協力し合うことができるようになり、結果的に『本物の愛』を育むるようになるということです。

スポンサードリンク